間伐材でシイタケ栽培をやるげんて

2月5日小雨のふる午前中。
くくり村の休耕田の周辺環境整備で切り倒した間伐材を利用し、シイタケ栽培をやりました。
やるといっても素人ばかりなもんで、白山市方面よりシイタケ栽培の先生にお越しいただきご教授いただきながら、皆で1m程に切った丸太20本分に、菌を植え付けていきました。

数ヶ月後にシイタケを食べられる、なんて思いながらやっていたら、最後に「いつできるんですか?」と先生に尋ねたら、1年後やって、思いの外時間かかりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です