土も基礎が大事や

あっちぃ夏も「あついからやっとれん」と言ってストップするわけにゃいかない。

実は、くくり村で夏蕎麦を育てていたのですが、弱々しくてじぇんじぇん実もならんかったんや。

どうやらここの土、蕎麦も育たんほどに、栄養がなかったんや。

気づいた、土が大事やと。

まず、どんな土質かといいますと、

・もともとココの土で瓦をつくっていた→とっても粘土質。

・土がNotさらさら→玉々になる。

・水はけが悪い。

・酸性。→蕎麦はアルカリ性を好む。

といったことをクリアしていかにゃいけんのや。

なので、今はとにかくトラクターでたがやすたがやす。

次は、籾殻を発酵させて肥料を10000リッター投入予定。

投入するには、こしらえんといかんから、現時点でこれをつくっとるんや。

秋蕎麦を植える、お盆過ぎまでになんとか「土づくり」をまにあわせんといかん、くくり村でヤンス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です